基礎知識

自動見積もりの詳細はこちら

葬儀翌日から49日までにすること

1、法事祭壇(小祭壇)

葬儀後(祭壇撤収後)は、法事用の小祭壇を四十九日(七七日)法要が終わるまで設置します。また、四十九日法要までは、お客様が訪れたり、法要のときには親族、知人などを招きますので、お部屋はそのままにしておきます。四十九日法要が終わりましたら小祭壇を片付けてください。
また、小祭壇を新盆や年忌法要などのときに使う場合は、倉庫などに保管しておきましょう。

2、挨拶回り、支払い

葬儀に際してお世話になった人などへは、葬儀後なるべく早めに、遅くても一週間以内には挨拶に伺いましょう。その際、故人と関係の深いところから伺うのが良いでしょう。(その際の服装は地味な服を選びます。)
駐車場をお借りした方などへは、お菓子でも持参すると丁寧で良いでしょう。 葬儀関係の支払い、立替払いは、葬儀後一週間以内には清算しましょう。
※葬儀の請求書は2~3日後にお届けします。
その際、内容に誤りがないか確認をして、疑問に思うところがあればお問い合わせください。

3、芳名録の整理

弔事用の袋に包み、「御布施」などと表書きをして、お渡しします。お布施と戒名(法名)料は別々の場合もありますし、一緒に含めてお渡しする場合もあります。

4、忌中法要

最近では、葬儀当日に弔上げ、初七日の法要を営むことが多くなりましたが、丁寧に法要を営む場合は、初七日、二七日、・・と、七日ごとの逮夜法要を営みます。この場合の忌日の数え方は、亡くなった日を一日目と数え、七日目が、初七日となります。
例 死亡日が5日(水)ですと、11日(火)が初七日です。

5、法要に招かれたときには何か持っていくの?

菓子、果物、花、線香などの供物を持参しますが、すでに用意されている
場合が多いので、昨今では現金を包んでいくことが多いようです。
この場合、表書きは仏式なら「御供物料」「御仏前」「御香料」などとします。

6、四十九日法要

四十九日までの間を中陰といい、故人が俗世と浄土の間でさまよっている時期です。
四十九日を迎えると、お浄土へ入ることになり、この日より仏様としておまつりします。中陰の期間を満たすということで、満中陰といいます。
※浄土真宗では、亡くなってからすぐに仏様としておまつりします。
四十九日法要の日時が決定しますと、親族、友人等にご案内します。

ご法要の日時は、御寺様とご相談して下さい。
当社でお手伝いすることがありましたら、ご連絡下さい。

7、忌明けの挨拶状、香典返し

葬儀に際して、御香典を頂いた方には、忌明け日(四十九日法要)の前後に合わせて、挨拶状を郵送します。その際に、香典返しをする場合は、品物に挨拶状を添えて郵送するのが一般的です。
また、故人の遺志により、香典返しをしない代わりに、福祉団体等に寄付をされる場合は、その旨の内容を文末に記します。
※ 挨拶状の例文、香典返し等、ご相談は当社までご連絡下さい。
※ 香典返しは、香典の額の半分から3分の1が一般的です。

8、お位牌、お仏壇

四十九日法要までに、塗りのお位牌を用意します。法要の際に、白木のお位牌から魂をぬいて、塗りのお位牌へ魂入れをしていただきます。その後、塗りのお位牌は仏壇に、白木のお位牌はお寺様が持ち帰ることが一般的には多いようです。
また、初めて仏様をおまつりするお家では、四十九日法要までにお仏壇も用意しなくてはなりません。お仏壇には様々な材質、大きさのものがあります。実際に品物を見て、お家のスペースに合わせて選びましょう。

COPYRIGHT©2009 東松山市近隣の葬儀社 有限会社中央サービス ALL RIGHTS RESERVED.