基礎知識

自動見積もりの詳細はこちら

目次



葬送儀礼の作法

仏式焼香の作法

焼香は本来礼拝にあたって香をたき香気で清める行為です。

数珠を左掌に持ち、静かに遺影の前に進みます。

焼香台の前まで進み、祭壇に向かって一礼します。親指、人差し指、中指の三本で香をつまんでいただく。香を顔のあたりにもっていき左手をその下に添えるように目を閉じて軽く頭を下げ、香を静かに香灰の上にのせます。

正面の遺影、または位牌をじっと見つめてから両手を合わせて合掌礼拝します。


宗派別、焼香の回数は下記の通りです。

日蓮宗 ・・・・・通常三回  臨済宗 ・・・・・回数にこだわらない
浄土集 ・・・・・通常三回  曹洞宗 ・・・・・回数にこだわらない
真言宗 ・・・・・通常三回  天台宗 ・・・・・回数にこだわらない
浄土真宗 本願寺派 ・・・・・通常一回(香をいただかないで焼香)
真   宗 大谷派   ・・・・・通常二回(香をいただかないで焼香)
[注]但し、会葬者が多い時や、場所の都合により一回でもかまいません。
   要は心を込めるということが大切なのです。

神式玉串奉奠の作法

神葬祭で行われる玉串奉奠は、仏式の焼香にあたるもので焼香と同様、清めの行為です。

玉串は、葉先が左、根元が右になるような形で渡されるので、葉のほうをやや高めに左手で下から受け、右手で上から茎をつまむように持ちます。

胸の前で保持しながら神前に向かって進み、玉串案の前で止まります。

葉先が向こうに、根元が手前になるように右回りに回しながら左手を根元まで下げ、右手を葉先のほうに持ちかえたら、さらに180度右回りに回し、根元が神前に向くようにして玉串案の上に供えます。

二、三歩あとにさがり、深く二礼し、二拍手し、もう一度深く一礼します。

神官と遺族に一礼して下がります。


キリスト教式礼拝献花の作法

花を右にして受けとり、祭壇の前に進み軽く一礼します。

献花台の前で、花を時計回りに右に回し、茎を祭壇に向け献花台の上に置きます。

黙とうし、深く一礼したあと、遺族と神父(牧師)に一礼し席に戻ります。


↑このページの上に戻る


葬送の装いと弔辞

礼装(喪主・近親者・葬儀委員長)

男性の礼服 和服の正式喪装は黒の紋つき袴です。
洋服の正式喪装はモーニングコートです。ネクタイ・ポケットチーフ・靴下・靴は黒を用います。モーニングコートに準ずる礼装として広く着用されているのが、ブラックスーツとダークスーツです。

女性の礼装 和装の場合は黒無地染め抜き五つ紋つきで、帯、帯揚げ、帯締めは黒、半えりと足袋は白にします。洋装の場合はオーソドックスな黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルです。


喪章

喪章は本来、遺族や近親者が喪に服しているしるしとして着けるものです。従って正式に喪服の上に、さらに喪章を着ける必要はありません。 平服だからといって一般の弔問客や会葬者はあえて着ける必要はありません。通夜や葬儀で受付係や会場係の人が黒の腕章を腕に巻いているのは遺族の立場にあるからです。


弔辞をのべるポイント

まず故人への呼びかけから始まり、冥福を祈って終わります。

故人の死を慎み
惜しむ言葉
追慕の言葉

生前の功績
人柄
影響を受けたこと

教えられたこと
故人に対する誓いの言葉

冥福を祈る言葉
永遠の別れの言葉


弔辞の読み方

故人に語りかけるように、声は低く抑えめに言葉ははっきりと、しみじみと、ゆっくりと、一本調子にならないように読みます。


弔辞の捧げ方

名前を呼ばれたら弔辞を持って遺影の前に進みます。
僧侶に一礼、次いで遺族に一礼します。
遺影を見つめ礼拝します。
上包を開いて弔辞を取り出し、上包紙は台の上に置くか左手に持ち、巻紙を開いて読みます。
弔辞は胸の高さに持ち、まず「弔辞」と読み始めます。
読み終わったら弔辞をもとに折りたたみ、上包紙に包んで、祭壇に捧げ一礼します。
僧侶・遺族に一礼して席に戻ります。


↑このページの上に戻る


仏式葬儀

葬儀・告別式は故人の成仏を祈る大切な儀式で葬儀は近親者が営み生前かかわりの深かった人が参列します。これに対し告別式は生前故人とおつきあいのあった人が成仏した故人と最後の別れをする儀式です。 かつては区別して行われていましたが、現在では多くの場合区別せず近親者が焼香したあと引き続いて告別式に移り会葬者が焼香して終了します。


各宗派の宗祖と礼拝仏及び経典

宗 派 宗祖 礼 拝 仏 経  典
浄土宗 法然 阿弥陀佛 浄土三部経(無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経)
浄土真宗 親鸞 阿弥陀如来 浄土三部経(無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経)
天台宗 最澄 薬師如来・阿弥陀如来など 法華経・阿弥陀経など
真言宗 空海 大日如来 大日経・金剛頂経
曹洞宗 道元 釈迦如来 金剛般若経・法華経など
臨済宗 栄西 釈迦如来・大日如来など 金剛般若経・法華経など
日蓮宗 日蓮 大曼荼羅 法華経

臨終後に行うこと

家族・親族への連絡と関連事項

ご臨終を告げられたら直ちに家族親族に連絡し納棺に立ち合っていただく近親者に日時を連絡します。
自宅で亡くなられた場合直ちに医師に連絡し死亡診断書の作成を依頼します。


末期の水

死亡後家族や近親者は故人の口もとに水をうるおします。死後の世界で飢えや渇きに苦しまないように行います。
自宅で亡くなられた場合直ちに医師に連絡し死亡診断書の作成を依頼します。


葬儀社との打ち合わせ事項

喪主を決め遺族の代表として葬儀を行い故人にかわって弔問を受けます。故人に一番近い縁者がつとめます。
宗派や家紋などを確認し通夜・葬儀の日時を決めます。
葬儀の予算と規模を決め会葬者の人数を把握します。
受付記帳係・会計係・案内係などの世話係を決めます。
葬儀当日の精進落とし・お骨上げ・初七日を決めます。


ご寺院関係・依頼と打ち合わせ事項

ご臨終を告げられたら寺院へ連絡します。
通夜・葬儀の日時と寺院の人数の打ち合わせと初七日法要の日時を決めます。


その他の準備と手配

近親者・勤務先・友人・知人に通夜・葬儀の連絡をします。
近所にあいさつをします。
死亡届を役所へ提出し火葬(埋葬)許可証をもらいます。
その他遺影写真・会葬礼状・会葬礼品・霊柩車・タクシー・バスなどの手配については葬儀社の担当者にご相談下さい。


通 夜

喪主は席について、弔問客を迎えます。
僧侶を式場に案内し読経をしてもらいます。
弔電を読み上げる順序を確認しフリガナをうちます。


葬儀・告別式

僧侶が式場に入場し葬儀が始まり読経して頂きます。
焼香順序を再確認します。
弔辞・弔電を紹介します。
焼香(喪主・遺族・親族)
会葬者の焼香中は遺族が一人一人に黙礼します。
読経終了後僧侶が退場します。
閉式の辞。
お別れ・斎場に向け出棺となります。


葬儀後に行うこと

火葬後お骨上げをし、遺骨迎えの祭壇を設置します。
忌中法要・年忌法要
死亡日を入れた日数 呼び方 死亡日を入れた日数 呼び方
7 日 目
(葬儀当日も多い)
初七日 100日目 百か日
14 日 目 二七日 満1年目 一周忌
21 日 目 三七日 満2年目 三周忌
28 日 目 四七日 満6年目 七回忌
35 日 目 五七日 満12年目 十三回忌
42 日 目 六七日 満16年目 十七回忌
49 日 目 七七日忌 満22年目 二三回忌
初めての盆 新  盆
(初 盆)
満26年目 二七回忌

*地域や宗派により、多少異なる場合もあります。
*関西地方では一般的に死亡日の前日から数えます。



あいさつ回り(式後2日~3日のうちに)

ご近所への挨拶(掲示板にお礼の挨拶文を掲載)
お世話になった方への挨拶
ご寺院への挨拶
勤務先や上司・関係先への挨拶


↑このページの上に戻る


神式葬儀(葬場祭)

神道による葬儀は、死の汚れを清め、亡き人を一家の守護神としてまつるための儀式で葬場祭といいます。


臨終後に行うこと

神棚および祖霊舎の前面に白紙を貼ります。
ご遺体は北枕(北首仰臥)に寝かせて枕飾りをし、枕直しの儀式を行います。
神式で儀式をつかさどる人を斎主と呼び、斎主と随である祭員の人数について打ち合わせをします。
斎主と霊璽、銘旗の打ち合わせをし、筆書きを依頼します。
白衣の死装束を着せた後、納棺します。


通夜祭

斎主をお迎えし、通夜祭の中で式場のあかりを消し、故人の御霊を霊璽に移す遷霊祭を行います。


手水の儀

手水で身を清めてから会場に入ります。
1.左手を洗う。
2.右手を洗う。
3.左手で口をすすぐ。
4.懐紙で手をふく。


葬場祭

玉串奉奠の順序を決め、順位帳に楷書で清書します。
出棺は正式には出棺祭の後で行いますが、現在は、葬場祭の中に出棺の祭詞を含める場合が多いようです。
故人との対面が終わると、柩のふたを閉じてふたに銘旗をつけ、柩に注連縄を巻くことがあります。
出棺後、喪家(式場)に止まっている祓主及び修祓係の祭員(神職)が祓除の儀を行います。


葬場祭後に行うこと

斎場から帰った時、門口で塩、手水の後祭員が祓除の儀を行いそのあと家(式場)に入り帰家祭を行います。
ご遺骨をすぐに埋葬しない場合は忌明後に埋葬します。
帰幽の日から10日ごとに毎十日祭を行い五十日祭を機に忌明けすることが多いようです。
五十日祭の翌日、清祓の儀を行い、神棚、祖霊舎、仮霊舎屋敷内を祓い清めます。その後、神棚、祖霊舎を封じていた白紙を除き、平常の生活に戻ります。
五十日祭は墓前で行いますが、参列者数によっては斎場で行うこともあります。最近では合祀祭を併せ行うことが多いようです。
百日祭、一年祭は霊前で行い、とくに一年祭を重視します。
清祓の儀は百日祭、一年祭の翌日に、また清祓の儀の後で、合祀祭を行います。


↑このページの上に戻る


キリスト教式葬儀

死は神のみもとに召されることと考えるキリスト教では、故人の死を悼むより、遺族を励ますことが主になります。


カトリック

カトリックでは肉体は滅びても霊魂は聖なる人々と共に天に昇り永遠の命を与えられると考えています。



臨終から前夜式

臨終後は死に化粧をし、衣服の着替えを行います。
神父を招き、納棺のことばを戴いたのち納棺します。遺体には故人が生前愛用していた十字架、ロザリオを持たせます。
前夜式…日本独特の習慣で、聖歌の合唱、聖書の朗読、神父の言葉と祈りのあと、献花を行います。


葬儀・告別式

葬儀の進行は地域や宗派によって異なりますので神父様と打ち合わせのうえ行います。


葬儀後の行事

追悼ミサ…カトリックの法要にあたるのが追悼のミサで死後3日目、7日目、1ヵ月目及び1年目の「死者記念のミサ」があります。 カトリックでは地域の習慣にあわせて比較的自由に行うため、これ以降は特別なきまりはありません。



プロテスタント

プロテスタントでは死は魂が神に召されることを意味しています。神の、恵みに感謝し神の国での再会を祈ります。



臨終から前夜式

臨終後は牧師を招き祈りの後、納棺します。
前夜式…牧師が司式を行い賛美歌や聖書の朗読のほかに故人を偲ぶ「感話」の時間がありその後献花をします。


葬儀・告別式

葬儀の進行は地域や宗派によって異なるため、牧師と打ち合わせの上、行います。


葬儀後の行事

とくに決まりはなく、没後1週間目、1ヵ月目、50日目などに記念式を行います。


↑このページの上に戻る


COPYRIGHT©2009 東松山市近隣の葬儀社 有限会社中央サービス ALL RIGHTS RESERVED.